WorkFlow/Introduction

2017-05-24 (水) 13:29:33 (63d)

キャラクターを作る | パレットを作る | アニメとサブカンバス




http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/170518_230624.png


キャラクターを作る

メニューより ファイル新規キャラクター を選ぶと、新しいキャラクターファイルが作成されます。

キャラクターファイルは当ソフト PixelLiner の独自形式で、 .pxl ファイルとして保存されます。セーブはこまめに。


ツールの簡単な説明


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/170518_224553.png


デフォルトでは右上にある プリセット? タブからツールを選択し、カンバスにドット絵を描いていきましょう。*1

 ツール名  デフォルトショートカット  カテゴリ 

描画関連のツール


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0000.png  鉛筆     P,Q      描画, 描線   

ありふれた鉛筆ツールです。カンバス上でドラッグすることで、カラータブで選択している色を描くことができます。

以下は描画カテゴリのツール内で有効です。

  • Alt+ドラッグ でスポイト (カンバス上の色をカラータブに送ります)

以下は描線カテゴリのツール内で有効です。

  • カンバスで描いている最中に Shift を押し下げると、押し下げた場所から上下左右に直線を引くことができます。
    • Shift+Alt を押し下げると、ナナメに移動します。

以下は全てのツールで有効です。

  • スペースキー+ドラッグ でカンバスのスクロールの移動
  • スペースキー+Alt+ドラッグ でカンバスの回転 ( 45度きざみ )
    • スペースキー+Alt+Shift+ドラッグ で自由な角度で回転ができます



http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0005.png  消しゴム     E      描画, 描線   

これもありふれた消しゴムツールです。カンバス上の描画内容を削除します。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0017.png  塗り潰し     G      描画   

いわゆるバケツツールです。 PixelLiner は、一般的な隣接した閉区間の塗り潰し、同じ色への全体塗り潰しの他に、ナナメ方向に開いた場所にも浸透する塗り潰し機能が備わっています。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0002.png  ソフトブラシ     F      描画, 描線   

ドット絵ツールとしては似つかわしくないブラシツールです。ぼかしのかかった柔らかい形状の線を引くことができます。なお、 PixelLiner は WACOM 社製ペンタブレットには対応していません。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0003.png  ソフト消しゴム     Shift+E      描画, 描線   

ソフトブラシと同じような柔らかい感じでカンバスの描画内容を消すツールです。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0007.png  スプレー     Y*2      描画, 描線   

さっと描いた範囲に点やらイメージやらの素材を吹き付けるツールです。敷き詰める濃度や均一さなどを設定することもできます。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0016.png  指先     R      描線   

ドラッグすることで描画内容をわずかにずらすことができます。アニメーションを作る時に微妙にドット絵の細部を動かす時などに使えると思います。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0069.png  フチ取り     B      描画, 描線   

描いた部分にだけドット絵特有のフチ取りを施すことができます。なお、 描画全体にフチ取り... メニューによって全体に一気に同等のフチ取りを施すこともできます。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/line.png  直線     U      描画, 描線   

直線を引くためだけのツールです。ドット絵で頻出する歩数を固定(横に2px,上に1px...といった)したドット絵を引く機能が備わっています。




フィルタ関連のツール


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0013.png  グラデーション     Shift+G      描画, 描線   

(おそらく)最近のトレンドであるグラデーションを用いたリッチなドット絵を作ることもできます。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0054.png  鏡面     M      描線, 複数   

いわゆるシンメトリーや点対称なイラストを簡単に作ることができます。座標を固定して*3フィルタをかけたい場合は 描画全体にフチ取り... メニューを使うとよいです。

複数 カテゴリは、レイヤータブで複数のレイヤーを選択していると効果を同時に適用することができます。




移動と変形のツール


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0012.png  レイヤー移動     H      描線, 複数   

レイヤーを動かします。選択範囲がある場合は選択範囲で切り取り、フロートレイヤーを作成します

  • フロートレイヤーは描画カテゴリのツールで描き込みを行う、選択範囲を消したり作り直したりすると自動的に下のレイヤーに統合されます。詳しくはリンク先参照。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0068.png  変形     Ctrl+T(Cmd+T)      複数   

レイヤーを拡大/縮小/回転するツールです。選択範囲がある場合は選択範囲で切り取りフロートレイヤーを作成した後に変形されます。描画レイヤー変形時は必ずフロートレイヤーを作成します。




選択範囲ツール


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0008.png  矩形選択     M      選択範囲   
http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0009.png  円形選択     O      選択範囲   

ありふれた選択範囲を作るツールです。

以下はこの2つのツールでのみ有効です。

  • ドラッグ中に Shift を押すと縦横比を揃えます。(正方形または正円になります)
  • ドラッグ中に Alt を押すと中央から開始して選択範囲を作ります。

以下は 選択範囲 カテゴリの特徴になります。

  • このカテゴリのツール使用時にカンバス上の選択範囲をドラッグすると、選択範囲を移動します。
    • ドラッグ中に Shift または Shift+Alt を押し下げることで、縦横移動固定またはナナメ移動固定が有効になります。
  • ドラッグを始める前に Shift を押していると、選択範囲の追加モードになります。
  • ドラッグを始める前に Alt を押していると、選択範囲の削除モードになります。
  • ドラッグを始める前に Shfit+Alt を押していると、選択範囲をかけ合わせるモードになります。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0010.png  投げ縄     V,L      選択範囲, 描線   

これもありふれた投げ縄選択ツールです。現実じゃいまどき投げ縄なんてそうそう見ませんよね。


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0011.png  マジックワンド     W      選択範囲   

クリックすると、隣接した似たような色を一気に選択範囲に加えます。あるいは、同じレイヤー上だったり、同じフレーム上だったりの同系色を選択したりと、いわゆるありふれたマジックワンドです。

塗り潰しツールと同様のナナメ領域浸透も使えます。




おまけ


http://pixelliner.sakura.ne.jp/img/icons_Aicon_ed_tool/0006.png  レイヤー選択     (なし)      -   

クリックしたレイヤーにジャンプします。

このツールは、設定タブ? で修飾キーを設定することにより、描画カテゴリ以外のツールでサクッと呼び出すこともできます。




とりあえずキャラクターの基本となる立ちドット絵といった適当なものが描けたら、 PixelLiner の目玉機能であるパーツパレットを作るのがオススメです。

次のページへ: パーツパレットを作る


*1 ドット絵の描き方はフィーリングで!!
*2 ver0.90.7から
*3 カンバスの真ん中から反転〜など